じんましんと合併症

じんましんの合併症についてお話します。


じんましんの合併症には、血管神経性浮腫が挙げら
れます。


血管神経性浮腫とは、皮下組織、皮膚の真皮深層、
粘膜下組織に生ずるむくみです。


クインケ浮腫とも言われ、じんましんと合併して
出現することが多いといわれています。


血管神経性浮腫は発生頻度の高い症状で、じんま
しん患者の半数近くにみられると言われています。


年齢は男性、女性の30〜40代に多いと言われ、
気道に生じた場合、生命に危険を及ぼす呼吸困難
になることもあるので、注意が必要です。


血管神経性浮腫の主な症状は、まぶたや唇などに、
直径数センチのむくみがふいに出現します。


数時間から、長くても3日ほどでむくみは消えますが、
血管神経性浮腫は再発を繰り返します。


通常はかゆみや痛みなどはなく、表面には張りがあり、
押さえても引っ込まず、数は1度に数個程度です。


むくみの出る場所は、胃や喉の粘膜がむくむこともあ
り一定ではありません。


胃の場合は、腹痛や嘔吐、下痢などを起こすことがあ
ります。


のどの場合は呼吸困難を起こすことがあり非常に危険です。


原因は、なぜ起こるのか、詳しいことはわかっていま
せんが、血管神経の異常が原因といわれています。


治療法は、変調療法といって、自律神経の働きが関与
している場合、自律神経を調整する治療を行います。


減感作療法は、アレルギーが関与していると思われる
場合に行い、アレルギーの元になっているものに、か
らだを少しずつ慣らしていきます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。