じんましんとアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、皮膚炎のじんましん、アトピー
型気管支喘息、アレルギー性鼻炎などを起こしやすい、
かゆみが生じる慢性の皮膚疾患のことをいいます。


アレルギー体質の上に、外部刺激が加わって起こるもの
と考えられています。


5歳まで、患者の約80%が発症します。アトピー性皮膚炎
は、学童期に自然治癒することが多いとされていましたが、
最近では成人してからの発症する例も増えています。


アトピー性皮膚炎の特徴。

■繰り返しかゆみを伴う発疹が出現します。

■顔や首、ひじやひざのくぼみに発疹が現れやすく、
全身に広がることもあります。

■アトピー性皮膚炎の症状は、多くが幼児期に現れ
ます。

■遺伝的な要素も関係しています。

■アレルギー性鼻炎、アトピー型気管支喘息、皮膚
炎のじんましんなどにかかりやすいとされています。

■赤くなった皮膚をなぞると、後が白くなります。

■強いかゆみを伴い、乾燥して表面が白い粉を吹い
たようになります。


じんましんとアトピー性皮膚炎が似ているのは、赤
みが帯びて、ブツブツができ、発症箇所を問わない
所です。


発症中かゆみがひどく、眠れないこともあります。
年齢を重ねることで、改善されることが多いですが、
アトピー性皮膚炎の専門的な治療が重要です。


アトピー性皮膚炎の診断は、今までの経過、皮膚の
症状、家族歴、血液検査で診断します。


アトピー性皮膚炎の発症箇所が、じんましんと似て
いて、関節周りにできやすいとされています。


また、皮膚の症状を悪化させている原因物質もじん
ましんと同じようにあります。


アトピー性皮膚炎は、各種刺激物質により全身に広
がる可能性があります。特徴は、皮膚のきめが荒く、
ゴワゴワした状態になり、肌が乾燥することが症状
によく見られます。アトピー性皮膚炎は、じんまし
んとは少し異なる症状になります。


アトピー性皮膚炎は、じんましんと区別がつきづら
いので、医師と相談しきちんと治療に望むことが重
要です。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。