じんましんとにきび

にきびは、毛穴に角質や皮脂がつまってはじめ大きく
ふくらみます。


白にきびは、毛穴の出口に脂が貯まって出来ます。
毛穴がふさがり出口がない角栓と皮脂によって、徐々
に毛穴が肥大し表皮を盛り上がらせます。


黒にきびとは、毛穴が詰まった後に毛穴が開き、酸化
したものです。


赤にきびとは、赤く腫れたもので、常在している菌が
関係しています。


黄にきびとは、にきびが炎症し続け、真皮内に膿が溜
まったものです。


どのにきびも一時的な症状ですが、適切に正しい治療
をしないと、跡が残る恐れがあります。


にきびには2つの主な原因があり、一つは男性ホルモン
などの働きが大きく影響します。


皮脂腺からの脂の分泌が盛んになることでにきびがで
きます。もう一つは、毛穴の出口が硬くなり、常在する
アクネ桿菌や男性ホルモンが関係しています。


にきびができる場所は、顔、胸、首筋、背中などに多く
見られ、手の甲や足の裏に、にきびは一切できません。


この原因は、にきびができやすい脂線が集中しているか、
いないかです。


年齢に関係なく、にきびができる条件がそろえば、にきび
は発症します。


10代に多く発症しますが、20代からでも40代でもにきびは
できます。


思春期から20代によくみられる理由は、皮脂の分泌が盛ん
になり、男性ホルモンの分泌が増加するためです。


にきびの予防は、しっかりと洗顔することとこまめに脂分
を取り除くことです。


治療は、外用薬でクンメルフェルド液が広く使われ、内服
剤では、抗生物質が主に使われています。


■にきびとじんましんの違い


にきびとじんましんが似ているのは、赤みが帯びて、ふく
らむ症状です。


にきびは顔から首にかけて広がり、背中にもできます。


背中にできるにきびは、背中にきびと呼び、専門的な治療
が必要となります。


じんましんと似ている所は、じんましんの形が多種多様な
ので、にきびのようなブツブツに見える為です。


にきびはじんましんと比べ、進行速度が遅く、じんましん
は痛みやかゆみが出ます。


にきびには、かゆみが出ることはまずありません。


また、にきびは柔らかく、膨らみに脂がつまっているため、
つぶすと皮脂が現れます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。