じんましんと湿疹

湿疹とは、はじめは軽い炎症がかゆみや痛みを感じ赤く
腫れる程度ですが、次第に腫れた表面が不均一になり、
細菌が感染して化膿する場合もあります。


★湿疹の原因や症状について

■脂漏性湿疹とは、皮脂の分解による湿疹のことを言い
ます。脂の分泌の多い場所は、頭、髪の毛の生え際、小
鼻のわき、眉毛、手、腿のつけ根、脇などに境目の明確
な赤い面ができます。

■手湿疹とは、洗剤などをよく使用する主婦に多く、指
先を中心に発症します。

■太った人にできやすい湿疹は摩擦疹で、この症状は女
性の乳房の下など、皮膚がこすれる場所に多発します。

■皮脂欠乏性湿疹は、脂漏性湿疹とは逆に、皮脂が少な
すぎるために起こる症状を言います。


湿疹はかゆみを伴い、その赤い面の皮が細かくむけます。
黄色がかった厚いかさぶたが出来ることもあります。


脂漏性湿疹は、赤ちゃんに多い症状ですが、大人も発症
します。


赤ちゃんの皮膚は、皮膚の分泌が盛んで、お母さんの胎
内にいたときの女性ホルモンの影響を受けています。


黄色いかさぶたのような湿疹が、頭や髪の毛の生え際に
できることがあります。


湿疹はフケのように見えることもあります。脂肪成分の
為、お湯だけで落ちないので、石鹸でマッサージするよ
うに洗う必要があります。


毎日ふやかすようにして行くことで、少しずつ落とすこ
とが可能です。


大抵はきれいになりますが、せっけんは充分に洗い流す
ようにしてください。また石鹸は低刺激な石鹸を選ぶこ
とをお勧めします。


軽い湿疹の場合は、湿疹に効果のあるクリームが市販さ
れているので、治療も可能です。


重度の湿疹の場合は、慢性化しない為にも、専門医の診
断を受けましょう。


湿疹はじんましんと似ています。
湿疹はじんましんと同じように、はじめは赤くなります
が、次第に黄色いかさぶたが出来ます。


また、慢性じんましんはそれほど強いかゆみはありませ
んが、湿疹は慢性化してもかゆみが残りやすくなります。


湿疹でも、じんましんの場合でも、原因を調べ、専門医
に診断してもらうことが重要です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。