じんましんの薬

じんましんの薬の中で、服用することが多い錠剤について、
説明します。


錠剤は全てが成分というわけではなく、錠剤の有効成分は
1錠中10mg程になります。


10mgとは、呼吸でも吹き飛んでしまう量になるので、体の
中では何の作用も無い乳糖などの物質を混ぜて体積を大き
くしています。


それが適切な大きさの錠剤になっているのです。


そして錠剤はいくつかの層に分かれています。


これは単一成分や複数成分を別々に固め、溶け出す時間が
層によって変えられる意味を持ちます。


錠剤は固体化にすることで、粉末状であった刺激臭を封じ
込める効果、成分を結晶にしてより安定させる効果、カプ
セルに流動性の成分を入れる利便性なども兼ね備えています。


錠剤を粉砕してしまうと、溶解時間と異なる時間に成分が
溶け出す為、錠剤の持っている効果が薄れてしまいます。


また噛んだり、溶かしたりすると、薬の効力を軽減させて
しまいます。


水かぬるま湯で決められた時間に錠剤を服用するようにし
て下さい。


■ 外用薬

外用薬は皮膚につけることで効果を上げます。
軟膏やクリーム剤、液剤などがあり、目薬も外用薬にな
ります。


■ 注射薬

注射薬は、即効を上げるために使用します。皮下や筋肉、
静脈などに直接薬を注入します。点滴の場合、時間をかけ
て大量の栄養剤や食温水を注入します。


■ 内服薬

内服薬とは飲み薬のことを言います。胃や腸でとけて薬が
吸収されます。吸収された内服薬は血液中に入り、体内を
めぐって薬効を発揮します。


■ 坐薬

坐薬は肛門に挿入して効果を上げる薬です。乳幼児の解熱
薬や痔の治療薬などによく使われます。


■ 吸入薬

吸入薬は、外用薬の一種です。
吸入器で薬を口中やのどに散布し、喘息やせき、のどの痛
みに使われます。インフルエンザの治療などにも使われます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。