じんましんとピロリ菌

ピロリ菌は胃炎、胃がん、胃潰瘍、の原因であることが明
らかとなっています。


ピロリ菌は慢性的に吐き気がしたり、食欲がなかったり、
胃が痛かったり、便通が悪かったりする恐ろしい菌です。


2006年時点では約50%以上の日本人が、ピロリ菌に感染して
いるとされています。


戦後、衛生状態が悪い時代に生まれ育った人も、高い感染率
を示しています。


特に発展途上国では感染率が高く、世界中でピロリ菌感染者
は増えています。


ピロリ菌は、飲み物、食べ物から感染しやすく、衛生状態の
悪いところでは、ピロリ菌が繁殖しやすくなっています。


ピロリ菌は、狭心症や心筋梗塞などの自己免疫疾患、虚血性
心疾患、神経疾患などもその一つであり、皮膚疾患もピロリ
菌の影響を受けています。


皮膚疾患としてじんましんが発生する場合もあります。


病巣に住みつく細菌の毒素などの影響で発症するじんましん
は、扁桃腺炎、副鼻腔炎、虫歯が原因とされていました。


今後じんましんの原因とされる物はピロリ菌も加わります。


ピロリ菌を保有しているじんましんの患者に対し、ピロリ菌
の除菌をした結果は、65%〜80%、じんましんの改善が見られ
たとの報告があります。


ピロリ菌で胃の不調とじんましんを含めた皮膚の異常がある
人は、ピロリ菌の除菌で病気が治る可能性があります。

じんましんの薬

じんましんの薬の中で、服用することが多い錠剤について、
説明します。


錠剤は全てが成分というわけではなく、錠剤の有効成分は
1錠中10mg程になります。


10mgとは、呼吸でも吹き飛んでしまう量になるので、体の
中では何の作用も無い乳糖などの物質を混ぜて体積を大き
くしています。


それが適切な大きさの錠剤になっているのです。


そして錠剤はいくつかの層に分かれています。


これは単一成分や複数成分を別々に固め、溶け出す時間が
層によって変えられる意味を持ちます。


錠剤は固体化にすることで、粉末状であった刺激臭を封じ
込める効果、成分を結晶にしてより安定させる効果、カプ
セルに流動性の成分を入れる利便性なども兼ね備えています。


錠剤を粉砕してしまうと、溶解時間と異なる時間に成分が
溶け出す為、錠剤の持っている効果が薄れてしまいます。


また噛んだり、溶かしたりすると、薬の効力を軽減させて
しまいます。


水かぬるま湯で決められた時間に錠剤を服用するようにし
て下さい。


■ 外用薬

外用薬は皮膚につけることで効果を上げます。
軟膏やクリーム剤、液剤などがあり、目薬も外用薬にな
ります。


■ 注射薬

注射薬は、即効を上げるために使用します。皮下や筋肉、
静脈などに直接薬を注入します。点滴の場合、時間をかけ
て大量の栄養剤や食温水を注入します。


■ 内服薬

内服薬とは飲み薬のことを言います。胃や腸でとけて薬が
吸収されます。吸収された内服薬は血液中に入り、体内を
めぐって薬効を発揮します。


■ 坐薬

坐薬は肛門に挿入して効果を上げる薬です。乳幼児の解熱
薬や痔の治療薬などによく使われます。


■ 吸入薬

吸入薬は、外用薬の一種です。
吸入器で薬を口中やのどに散布し、喘息やせき、のどの痛
みに使われます。インフルエンザの治療などにも使われます。

じんましんと湿疹

湿疹とは、はじめは軽い炎症がかゆみや痛みを感じ赤く
腫れる程度ですが、次第に腫れた表面が不均一になり、
細菌が感染して化膿する場合もあります。


★湿疹の原因や症状について

■脂漏性湿疹とは、皮脂の分解による湿疹のことを言い
ます。脂の分泌の多い場所は、頭、髪の毛の生え際、小
鼻のわき、眉毛、手、腿のつけ根、脇などに境目の明確
な赤い面ができます。

■手湿疹とは、洗剤などをよく使用する主婦に多く、指
先を中心に発症します。

■太った人にできやすい湿疹は摩擦疹で、この症状は女
性の乳房の下など、皮膚がこすれる場所に多発します。

■皮脂欠乏性湿疹は、脂漏性湿疹とは逆に、皮脂が少な
すぎるために起こる症状を言います。


湿疹はかゆみを伴い、その赤い面の皮が細かくむけます。
黄色がかった厚いかさぶたが出来ることもあります。


脂漏性湿疹は、赤ちゃんに多い症状ですが、大人も発症
します。


赤ちゃんの皮膚は、皮膚の分泌が盛んで、お母さんの胎
内にいたときの女性ホルモンの影響を受けています。


黄色いかさぶたのような湿疹が、頭や髪の毛の生え際に
できることがあります。


湿疹はフケのように見えることもあります。脂肪成分の
為、お湯だけで落ちないので、石鹸でマッサージするよ
うに洗う必要があります。


毎日ふやかすようにして行くことで、少しずつ落とすこ
とが可能です。


大抵はきれいになりますが、せっけんは充分に洗い流す
ようにしてください。また石鹸は低刺激な石鹸を選ぶこ
とをお勧めします。


軽い湿疹の場合は、湿疹に効果のあるクリームが市販さ
れているので、治療も可能です。


重度の湿疹の場合は、慢性化しない為にも、専門医の診
断を受けましょう。


湿疹はじんましんと似ています。
湿疹はじんましんと同じように、はじめは赤くなります
が、次第に黄色いかさぶたが出来ます。


また、慢性じんましんはそれほど強いかゆみはありませ
んが、湿疹は慢性化してもかゆみが残りやすくなります。


湿疹でも、じんましんの場合でも、原因を調べ、専門医
に診断してもらうことが重要です。

じんましんとにきび

にきびは、毛穴に角質や皮脂がつまってはじめ大きく
ふくらみます。


白にきびは、毛穴の出口に脂が貯まって出来ます。
毛穴がふさがり出口がない角栓と皮脂によって、徐々
に毛穴が肥大し表皮を盛り上がらせます。


黒にきびとは、毛穴が詰まった後に毛穴が開き、酸化
したものです。


赤にきびとは、赤く腫れたもので、常在している菌が
関係しています。


黄にきびとは、にきびが炎症し続け、真皮内に膿が溜
まったものです。


どのにきびも一時的な症状ですが、適切に正しい治療
をしないと、跡が残る恐れがあります。


にきびには2つの主な原因があり、一つは男性ホルモン
などの働きが大きく影響します。


皮脂腺からの脂の分泌が盛んになることでにきびがで
きます。もう一つは、毛穴の出口が硬くなり、常在する
アクネ桿菌や男性ホルモンが関係しています。


にきびができる場所は、顔、胸、首筋、背中などに多く
見られ、手の甲や足の裏に、にきびは一切できません。


この原因は、にきびができやすい脂線が集中しているか、
いないかです。


年齢に関係なく、にきびができる条件がそろえば、にきび
は発症します。


10代に多く発症しますが、20代からでも40代でもにきびは
できます。


思春期から20代によくみられる理由は、皮脂の分泌が盛ん
になり、男性ホルモンの分泌が増加するためです。


にきびの予防は、しっかりと洗顔することとこまめに脂分
を取り除くことです。


治療は、外用薬でクンメルフェルド液が広く使われ、内服
剤では、抗生物質が主に使われています。


■にきびとじんましんの違い


にきびとじんましんが似ているのは、赤みが帯びて、ふく
らむ症状です。


にきびは顔から首にかけて広がり、背中にもできます。


背中にできるにきびは、背中にきびと呼び、専門的な治療
が必要となります。


じんましんと似ている所は、じんましんの形が多種多様な
ので、にきびのようなブツブツに見える為です。


にきびはじんましんと比べ、進行速度が遅く、じんましん
は痛みやかゆみが出ます。


にきびには、かゆみが出ることはまずありません。


また、にきびは柔らかく、膨らみに脂がつまっているため、
つぶすと皮脂が現れます。

じんましんとアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、皮膚炎のじんましん、アトピー
型気管支喘息、アレルギー性鼻炎などを起こしやすい、
かゆみが生じる慢性の皮膚疾患のことをいいます。


アレルギー体質の上に、外部刺激が加わって起こるもの
と考えられています。


5歳まで、患者の約80%が発症します。アトピー性皮膚炎
は、学童期に自然治癒することが多いとされていましたが、
最近では成人してからの発症する例も増えています。


アトピー性皮膚炎の特徴。

■繰り返しかゆみを伴う発疹が出現します。

■顔や首、ひじやひざのくぼみに発疹が現れやすく、
全身に広がることもあります。

■アトピー性皮膚炎の症状は、多くが幼児期に現れ
ます。

■遺伝的な要素も関係しています。

■アレルギー性鼻炎、アトピー型気管支喘息、皮膚
炎のじんましんなどにかかりやすいとされています。

■赤くなった皮膚をなぞると、後が白くなります。

■強いかゆみを伴い、乾燥して表面が白い粉を吹い
たようになります。


じんましんとアトピー性皮膚炎が似ているのは、赤
みが帯びて、ブツブツができ、発症箇所を問わない
所です。


発症中かゆみがひどく、眠れないこともあります。
年齢を重ねることで、改善されることが多いですが、
アトピー性皮膚炎の専門的な治療が重要です。


アトピー性皮膚炎の診断は、今までの経過、皮膚の
症状、家族歴、血液検査で診断します。


アトピー性皮膚炎の発症箇所が、じんましんと似て
いて、関節周りにできやすいとされています。


また、皮膚の症状を悪化させている原因物質もじん
ましんと同じようにあります。


アトピー性皮膚炎は、各種刺激物質により全身に広
がる可能性があります。特徴は、皮膚のきめが荒く、
ゴワゴワした状態になり、肌が乾燥することが症状
によく見られます。アトピー性皮膚炎は、じんまし
んとは少し異なる症状になります。


アトピー性皮膚炎は、じんましんと区別がつきづら
いので、医師と相談しきちんと治療に望むことが重
要です。

じんましんと薬

じんましんの、お薬でよく使われているものを紹介します。


必ずこの薬を使うことで、症状が改善されるわけではあり
ません。まずは病院に行って、じんましんなどの原因を知
ることが大切です。


■ アレルギール錠
ブランド アレルギール
発売元 第一三共ヘルスケア
この薬は、抗ヒスタミン剤の内服薬です。抗ヒスタミン剤、
マレイン酸クロルフェニラミンの働きで、湿疹、じんまし
ん、皮膚のかゆみ、皮膚炎、かぶれに効果的な内服薬です。
内容量は55錠、500gとなっています。薬の種類は皮膚の、
錠剤のお薬です。


■ 紫雲膏
ブランド マツウラの漢方軟膏
製造元 松浦漢方
この薬は、名医である、華岡青州が創案した軟膏です。
代表的な漢方薬の外用薬です。ひび、しもやけ、あかぎれ
などの皮膚疾患に適している塗り薬です。常備薬として
とてもおすすめです。
内容量は500g、紫色とピンクのラベルが薬の丸い容器に
示されています。


■ ユースキンI
ブランド ユースキン
発売元 ユースキン製薬
この塗り薬は、下着などのしめつけ、がまんできない肌の
かゆみ、じんましん、皮膚炎、湿疹、かぶれ、あせも、た
だれに効果的とされています。 内容量は110g、皮膚のクリ
ームタイプの塗り薬です。水色の箱が目印です。


かゆみ、ただれなどの症状が皮膚に現れた場合は、自分で
勝手な判断をするのではなく、まずは専門の医師に相談す
るようにしてください。


間違ったお薬の判断は、症状を悪化させてしまうことも
ありますので、ご注意下さい。

じんましんと脱毛症

コリン性じんましんは、発汗刺激で発症するじんましん
なので、頭部にもじんましんができます。


運動、入浴、ストレスによる発汗で起こるじんましんは、
かゆみ、皮膚の赤味、わずかな腫れを引き起こします。


じんましんができやすい人は、体が暖まるだけで背中が
急に痛くなり、首から頭に伝わり全身に広がります。


じんましんの他に、頭部にできる皮膚疾患は、どのよう
な症状があるのでしょうか。


■ 円形脱毛症

円形脱毛症の発生箇所は、頭部の頭皮部分になります。


この症状は、毛髪が円形に抜け落ちます。軽症なものは
10円玉1つ分程度で、2ヶ月程で治ります。


円形脱毛症はじんましんと違って、痛みやかゆみがない
ため、自分では気づきにくい症状です。


円形の原因は、甲状腺などのホルモン異常、自律神経不
安定、アレルギーなどがあります。


しかし円形脱毛症は、自己免疫疾患が一番の原因とされ
ています。毛乳頭にある毛母細胞をリンパ球が攻撃する
ことで、髪が抜け落ちてしまうのです。攻撃の原因に、
現代社会のストレスが関係しているようです。


■ 脱毛症


脱毛症の発生箇所は、髪の毛です。はげも原因によって、
種別することができ、老人性脱毛症は、毛根の老化によ
って、毛が抜け落ちることをいいます。


人間が避けることのできない老化現象の一つです。男性
型脱毛症は、頭頂部から前頭部にかけて髪の毛が細く、
柔らかくなって抜け落ちます。若い男性に多くみられます。


粃糠性脱毛症とは、ふけが原因で毛穴が詰まり脱毛します。
病的なものでなければ、洗髪しないのが原因なので、清潔
にすることで改善されます。ふけとは、頭の皮膚の角質層
が自然にはがれ落ちたものです。


ただし、髪の生えぎわが赤くなったり、ふけが急に多くな
ったりした場合、頭部白癬や乾癬の疑いもあります。


専門医の診察を受けるようにしてください。洗髪回数は、
1日1回、または1日おきが適当です。洗いすぎは逆効果なので、
ご注意願います。

じんましんと合併症

じんましんの合併症についてお話します。


じんましんの合併症には、血管神経性浮腫が挙げら
れます。


血管神経性浮腫とは、皮下組織、皮膚の真皮深層、
粘膜下組織に生ずるむくみです。


クインケ浮腫とも言われ、じんましんと合併して
出現することが多いといわれています。


血管神経性浮腫は発生頻度の高い症状で、じんま
しん患者の半数近くにみられると言われています。


年齢は男性、女性の30〜40代に多いと言われ、
気道に生じた場合、生命に危険を及ぼす呼吸困難
になることもあるので、注意が必要です。


血管神経性浮腫の主な症状は、まぶたや唇などに、
直径数センチのむくみがふいに出現します。


数時間から、長くても3日ほどでむくみは消えますが、
血管神経性浮腫は再発を繰り返します。


通常はかゆみや痛みなどはなく、表面には張りがあり、
押さえても引っ込まず、数は1度に数個程度です。


むくみの出る場所は、胃や喉の粘膜がむくむこともあ
り一定ではありません。


胃の場合は、腹痛や嘔吐、下痢などを起こすことがあ
ります。


のどの場合は呼吸困難を起こすことがあり非常に危険です。


原因は、なぜ起こるのか、詳しいことはわかっていま
せんが、血管神経の異常が原因といわれています。


治療法は、変調療法といって、自律神経の働きが関与
している場合、自律神経を調整する治療を行います。


減感作療法は、アレルギーが関与していると思われる
場合に行い、アレルギーの元になっているものに、か
らだを少しずつ慣らしていきます。

じんましんと色素性蕁麻疹

じんましんには、様々な種類がありますが、色素性
蕁麻疹の症状についてお話します。


色素性蕁麻疹とは、褐色調の色素斑です。


擦ると皮膚は赤くみみず腫れを起こし痒さを伴います。


色素性蕁麻疹(の治療は、幼児型の場合、成年までに治癒
する場合が多いです。


成人型は難治性になります。原因は不明ですが、虫刺ささ
れのアレルギー、母斑説、腫瘍の一つ、薬剤アレルギー、
新陳代謝障害説などがあります。


色素性蕁麻疹が出来る場所は、主に頚部、胸部、背部、
腹部で、爪甲大までの結節や褐色斑が多発します。


特徴は、急にかゆみが発生し膨疹ができます。また、
骨の異常やリンパ腺の腫れ、肝臓、脾臓の腫れを伴う
こともあります。


摩擦や入浴をしたことで、膨疹、悪心、かゆみ、嘔吐、
呼吸困難、頭痛、腹痛、けいれん、意識喪失、ショッ
ク症状などが現れることもあります。


普通のじんましんと違うところは、色素性蕁麻疹は決
まった場所で繰り返します。


症状も個人差があり、無数に存在する人もいれば、全身
に数個の症状の人もいます。


診断確定には生検が必要です。生検とは、皮膚を一部
切除して病理検査をすることです。


治療は普通のじんましんと同じ治療になります。 専門
の皮膚科できちんとした治療を受け、自分の症状を知り、
じんましんを治して行くことが重要です。

じんましんと出産

出産後にじんましんで悩む方が多くおられます。


産後のじんましんの原因は様々で、原因不明の場合も
少なくないのが現状です。


じんましんとは、体調を崩した後や、精神的ストレス、
過労、睡眠不足などでも症状が現れることが多いようです。


産後に発症したじんましんの原因は、この理由が考え
られると思います。体の免疫力や自浄能力が落ちたと
思われます。


産後のからだに起きるトラブルは、じんましんに限り
ません。


出産直後から半年間、体に様々な症状がみられます。


一つは、目の疲れです。視力が低下、かすみ目などに
なることがあります。


とくに母乳育児の場合、腎臓は体外に出す物と、体内
に循環させる物を分ける働きをします。


これは産まれたばかりの赤ちゃんに、毒素がいかない
ように腎臓がフル稼動しているのです。


目と腎臓はつながっています。


夜間の授乳、睡眠不足、出産による疲労などが重り、
目の疲れとして表れます。これは一時的なものなので、
疲労が回復することで、おさまります。


次に、抜け毛です。


産後半年くらいから、前頭部の抜け毛が出てきます。
しかし抜け毛も一時的なもので、1年くらいでおさまります。


赤ちゃんの成長と共に、出る母乳の質も変わります。
赤ちゃんの歯が生える頃、お母さんの体も一段落し、
リセットするように髪が抜けます。


そして産後は、便秘や痔にも悩まされます。


母乳に水分をとられることで、便秘になることが多く、
授乳中はのどが渇きます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。